あなたの人生経験を

運勢鑑定に活かしませんか?

四柱推命経験者必見!

独立開業も!

↓クリック


食神の男

 

おそらく、カザノバ、世之介、光源氏などはこの星を持っていたであろう。

 

この星の男に「ハードボイルド」「残酷」「非情」「シビアー」というタッチはないのである。

「ソフトタッチ」「穏和」「心地よい」「快楽」こそ食神の取り柄なのだ。

 

別名「本能の星」とも言われる「食神」を持つ男との別れには、意外に悲壮感がない。

また二人でいる時には「深刻さ」や「重さ」もない。

 

一緒の時は「楽しい充実感、居心地のよさ」だけしかない。女はハードもソフトも場面によっては好きであるが、本性としては「安堵、安心、安全」そして「楽しい雰囲気」を選ぶものだ。

 

この食神は、本能そのものである

 

食欲、性欲が強く、しかもそれは楽しいものでなければならない。

 

おいしそうなものを食べてみたくなり、それを十分納得するまで味わい、大きな満足感を得たいのだ。

 

だからこの食神男は、食事時間が長い。

 

食事は文化なのだ。

 

仲間達と楽しげに語らいながら、酒を酌み交わし、楽しい雰囲気の中でおいしい料理を食する。

 

このスタイルこそが食神男にとっての食事なのだ。

 

女とのつきあいも同じで、自分が興味を惹いた女性に対しては、「この人を食べたい」と思うのだ。

 

じっくり味わって、思い残すことなく、楽しく、快楽を貪るのだ。

 

そして同じ料理を毎日食べるのは苦手で、当然別なおいしい女性を食べたくなる。

だからそこには深刻でハードなにおいはない。

 

大体、食神はリスクに弱い。

 

だからリスクのないところに居ようとする。

つまり安全主義なのだ。

 

この食神男はリスクのない形、つまり心配ない形、タッチで女性と接するし、接している時は熱烈であるし、また余計な神経を消耗しない形、ああ楽しかった、といって離れていくので、女性は別れがあってもウットリした感覚が強く残り、別れのつらさはさほどでもない。

 

女性は、「食神男」のもつ子供のような無邪気さ、純粋さ、可愛いらしさ、に母性愛をつい発揮してしまい、「おいた」をしてもそれを受け入れ、許してしまうのである。

 

一方、平和主義の食神男は、「ああおいしかった、楽しかった、ありがとう、ごちそうさま」、と言って帰っていくのだ。

 

そして、別の日には新しいごちそうを探し、貪るのである。

うらやましいや、憎めない奴だもんな。

 

Youtubeで公開

中心星四柱推命初級

食神の命と運

↓↓

-----パネル

通変星の名前の由来は、それぞれの通変星が他のどの通変星と出会ったのかによって意味合いが違います。

 

つまり、何と「通じる」ことによって、その通変がどういう作用を発揮するのかというところから出ています。

-----

 

今回は通変星の「食神」について考えていきたいと思います。

 

月支元命「食神」というと可愛げ、楽天家」となります。

 

更に道楽、快楽、遊び心の星ですが、身弱の星でもあり、ピンチに弱いです。

 

しかし、同じ月柱の天干の通変、「月柱天干通変」によってもかなり変わります。

 

 

月支元命「食神」の代表的な有名人は

華原朋美さん、浅田舞さん、山口達也さんです

 

尚、後で説明をしますが、山口さんについては他の流派では別の解釈になります。

 

先ず、華原さんの命を見ると

 

月支元命「食神」で月柱天干通変は「食神」です。

 

月柱天干通変は「食神」は

 

楽しい、好きだと思うものには集中力を発揮できる。粘りを必要とする業務などには不向き。

 

処世術は

 

月支元命「食神」-月柱天干通変「食神」→「比肩」

 

運の強さがあり、豪快と繊細、大胆と臆病の2面性を持っている。子供のような行動をする。楽天家。。

 

ということになります。

 

 

浅田さんの命を見ると

 

月支元命「食神」で月柱天干通変「偏官」です

 

月柱天干通変「偏官」は

 

自分の気分、やり方に合わないものは受け付けない。芯が強くやり手。度量が狭い。。

 

月支元命「食神」-月柱天干通変「偏官」→「偏財」

 

かなりの強運の持ち主。本来持っている凶暴性が抑えられて良い方向に。執念深い。

 

 

華原さんと比べると、処世術は月柱天干通変「偏官」の影響で「食神」の円満さの中にも凶暴性、執念深さが垣間見えるかもしれません。。

 

 

山口さんの命を見ると

 

命の3柱が常に方合会局をしていて、地支通変が全て「食神」になっています。

 

※流派によっては方合会局を無視するかもしれません。

 

方合会局がなければ、月支元命「傷官」ですが、一生、方合会局ですので、

 

月支元命「食神」で月柱天干通変「劫財」です

 

月柱天干通変「劫財」は信念が強く個性的。心の内を周囲に見せない。暴走すると止まらない面もある。

 

月支元命「食神」-月柱天干通変「劫財」→「印綬」

 

元々の享楽的、自己本位な姿勢で行動が極端になることがある。人気運はあるが自己本位になりやすい。

 

山口さんは同じ月支元命「食神」の中でも円満さよりも自己中心、享楽的な要素が生き方に出やすいようです。

 

 

(3人の写真並べ)

 

同じ月支元命「食神」でも月柱天干通変によってかなり変わるのがわかります。

 

次に「食神」の「運」について考えてみます。

 

------------

食神運

成長の時。発展の時。追い風の時。恵まれる時。

財運、引き立て運に恵まれ思った通りに物事が進む。

リスク、ピンチがあっても、自分の判断と相手の話を信じて進んでよい。

------------

 

となります。

 

 

命式は貴乃花さんの現在のものです。

 

2024年は年運結果運が「食神」になっています。

 

年運のタブをタップして、年運結果運の詳細を観てみると

 

大運変化運「劫財」-年運変化運「傷官」→「食神」となっています。

 

この年は表面的にはあまり面白くない状況。トラブル、スキャンダルなどがあっても、最終的には利益が得られる。災い転じて福となす。

 

 

「食神」ではありますが、成り立ちに「劫財」があるので少々悩ましいことなると考えられます。

 

------------

「命」では月支元命と月柱天干通変が一番重要

月支元命がどのような月柱天干通変に出会うということも大事

 

「運」は結果運だけではなく、その成り立ちによっても

意味合いや暗示が変わる。

 

「命」も「運」も単純に1つの要素だけで判断するのでは危険

------------

 

次は通変星「傷官」について